トップ > 教学・御書 > 教学・御書すべてみる > 池田大作先生監修『現代語訳 立正安国論』

池田大作先生監修『現代語訳 立正安国論』

げんだいごやく りっしょうあんこくろん

GENDAIGOYAKU RISSYOUANKOKURON

著者:創価学会教学部

商品番号: 212930

出版社/メーカー:聖教新聞社

発行年月日:2017年02月16日

ISBN/JAN:9784412016231

サイズ:四六判・並製

ページ数:136

販売価格(税込): 800


数量:

商品の説明

池田大作先生監修『現代語訳 立正安国論』/げんだいごやく りっしょうあんこくろん/GENDAIGOYAKU RISSYOUANKOKURON

『御書発刊65周年記念として発刊された現代語訳シリーズになります』

【目次】

立正安国論
第1段 災難の根本原因を明かす
(御書17ページ1行目~14行目)
 災難の由来を質問する
 災難の根本原因を明かす
第2段 災難の由来を説く経文を引く
(御書17ページ15行目~20ページ13行目)
 災難の由来を説く経文を尋ねる
 経文(1) 金光明経
 経文(2) 大集経
 経文(3) 仁王経
 薬師経の七難を示す
 仁王経の七難を示す
 大集経の三災を挙げる
 四経の文により災難の由来を結論する
第3段 謗法が亡国の原因であることを明かす
(御書20ページ14行目~21ページ16行目)
 仏法が栄えていることから反論する
 世の中の人々が法の正邪を知らないことを示す
 仁王経などによって悪侶を明かす
 法華経を引いて悪侶を明かす
 涅槃経を引いて悪侶を明かす
第4段 謗法の元凶を明かす
(御書21ページ17行目~24ページ4行目)
 謗法の人・法を尋ねる
 法然の邪義、『選択集』を示す
 法然の謗法を糾弾する
 『選択集』が謗法であると結論する
第5段 中国・日本の例を挙げて念仏が亡国の原因と示す
(御書24ページ5行目~25ページ18行目)
 法然の邪義に執着する旅人
 道理によって法然の邪義を打ち破る
 中国における亡国の先例を挙げる
 日本における亡国の例を挙げる
第6段 念仏禁止の進言の先例を挙げる
(御書26ページ1行目~12行目)
 法然の謗法を弁護する
 仏法の衰微を嘆く
 謗法呵責の精神を説く
 法然らが上奏によって流罪されたことを示す
第7段 仏の命令を示して謗法の断絶を勧める
(御書26ページ13行目~30ページ7行目)
 災難を対治する方法を尋ねる
 天下安穏の原理を説く
 涅槃経を引いて謗法への呵責を説く
 仙予国王による謗法の断絶を示す
 仏法の守護を付嘱する経文を挙げる
 正法を護持する方軌を示す
 有徳王・覚徳比丘の先例
 謗法は無間地獄に堕ちるという経文を挙げる
 経文によって謗法を対治し罰することを結論する
 国中の謗法を断ずべきことを結論する
第8段 謗法への布施を止めることを説く
(御書30ページ8行目~18行目)
 経文のように斬罪に処すべきかどうかを尋ねる
 僧尼を殺害する罪を挙げて尋ねる
 謗法への布施を止める意味を説く
第9段 二難を予言し立正安国を論ずる
(御書31ページ1行目~32ページ17行目)
 正法・正師に帰依することを願う
 二難を予期し謗法の対治を促す
 重ねて謗法の果報を示す
 仁王経によって謗法の果報を示す
 念仏は無間地獄に堕ちるとの経文を挙げる
 結論として立正安国を論ずる
第10段 領解して立正安国を誓う
(御書32ページ18行目~33ページ4行目)
解説「立正安国論」
 背景
 構成
 立正安国について
 御生涯を貫く忍難弘通の精神と行動
 後世に受け継がれた平和建設の精神

現在のカートの中

合計数量:0

商品金額:0円

カテゴリから探す

SSL GMOグローバルサインのサイトシール

当サイトでは、お客様が入力された個人情報を安全に送受信するために、SSL(Secure Socket Layer)を利用した暗号化通信を採用しています。