トップ > その他書籍 > 体験 > 晴れときどき認知症 父と母と私の介護3000日

晴れときどき認知症 父と母と私の介護3000日

はれときどきにんちしょう ちちとははとわたしのかいご3000にち

HARETOKIDOKININCHISYOU

著者:脇谷みどり

商品番号: 213530

出版社/メーカー:鳳書院

発行年月日:2017年07月17日

ISBN/JAN:9784871221900

サイズ:四六判・並製

ページ数:208

販売価格(税込): 1,296


数量:

商品の説明

晴れときどき認知症 父と母と私の介護3000日/はれときどきにんちしょう ちちとははとわたしのかいご3000にち/HARETOKIDOKININCHISYOU

【目次】

はじめに

第1章 たかかずさん まっちゃんがやって来た
 23年の時を越えて
 ほんま?大分を離れられるの?
 90歳の新天地

第2章 ここは日本!? 関西は異国!?
 ここは、田舎じゃないんだよ
 自転車に乗って、街を探検したい
 可愛いかのこ、愛しいかのこ

第3章 介護は一人でがんばらない
 わずか3カ月で、「トリプル介護」に
 ヘルパーさんを頼んだけれど……
 電動車がやってきた
 不出来なコンシェルジュ

第4章 デイ・デビュー
 デイに行きたくない父との攻防
 デイも通い続けたら、楽しい

第5章 老いの坂道
 父と娘の「夏の陣」
 呼びもしないのに、救急車がやってきた!
 なんで、こんなに物をなくすの

第6章 たかかずさんが壊れていく
 「のんびり」と「速攻」、二つの時を楽しむ
 記憶の穴
 不可解な行動が目立つように
 「小便が出ない」「寒い」……、壊れていく体
 このままじゃ、暑さでお母さんが死ぬよ

第7章 もう一度 たかかずさんの手を握りしめて
 まっちゃん、地獄の暑さに倒れる
 私が、女房泥棒に!?
 私の介護のどこがいけないの
 辛く当たるのは、信頼しているから
 たかかずさんの笑顔を取り戻す

第8章 伴走の旅
 初めて知った、切ない「卒業」
 ヘルパーさんの前では、素直なたかかずさん
 半分笑って、半分泣いて
 あっぱれ、たかかずさん
 まっちゃんと新たな伴走の旅へ

おわりに

現在のカートの中

合計数量:0

商品金額:0円

カテゴリから探す

SSL GMOグローバルサインのサイトシール

当サイトでは、お客様が入力された個人情報を安全に送受信するために、SSL(Secure Socket Layer)を利用した暗号化通信を採用しています。