トップ > 教学・御書 > 教学・御書すべてみる > 一念三千とは何か 第三文明選書8

一念三千とは何か 第三文明選書8

いちねんさんぜんとはなにか

ICHINENSANZEN TOHA NANIKA

著者:菅野博史

商品番号: 213550

出版社/メーカー:第三文明社

発行年月日:2017年07月31日

ISBN/JAN:9784476180084

サイズ:新書判・上製

ページ数:268

販売価格(税込): 1,944


数量:

商品の説明

一念三千とは何か 第三文明選書8/いちねんさんぜんとはなにか/ICHINENSANZEN TOHA NANIKA

【目次】

はしがき
第一部〔解説〕

第一章『摩訶止観』と一念三千説
1 中国仏教の特色
 (1)中国に伝来した仏教の特色
 (2)仏教受容の方法の特色
 (3)中国の文化的基盤

2 智顗の目指したもの
 (1)教学と実践の総合
 (2)教学の総合・実践の総合

3『摩訶止観』とは何か
 (1)天台三大部
 (2)『摩訶止観』の成立
 (3)『摩訶止観』の構成
 (4)三種の止観
 (5)止観の意味

4 一念三千説
 (1)陰入界が最初にある理由
 (2)思議境とは何か
 (3)十法界の差別の根拠
 (4)不思議境とは何か――三世間・十界互具・十如是・一念三千
 (5)一念と三千との関係
 (6)十乗観法
 (7)一念三千説の思想的意義

第二章『法華経』方便品の諸法実相の原義
1 はじめに
2『法華経』梵本の方便品の冒頭の内容分析
3 対応する偈頌の考察
4 鳩摩羅什の訳

第三章 日蓮における一念三千説の受容と展開
1 はじめに
2 日蓮における一念三千説
 (1)『法華経』本門における完成
 (2)『法華経』の独説
 (3)成仏得道の原理
 (4)十界互具の重視
 (5)仏種
 (6)仏種=南無妙法蓮華経
 (7)理と事
 (8)非情成仏の原理=曼荼羅本尊の根拠
3 まとめ

『摩訶止観』研究のための参考文献
 原典・注釈・索引・翻訳・思想研究

第二部 〔『摩訶止観』(正修止観章)現代語訳〕
1  止観を修行する人
2  止観を修行できない人
3  十種の対象界
4  対象界の十種の生じ方(1)――第一の次第・不次第
5  対象界の十種の生じ方(2)――その他の九種の場合
6  対象界の生じ方についての問答
7  灌頂の私料簡(1)――第一問答~第八問答
8  灌頂の私料簡(2)――第九問答~第十六問答
9  陰入界境を観察する
10 十乗観法
11 思議することのできる対象界
12 十法界の三転読・三世間
13 十如是(1)――総釈
14 十如是(2)――随類釈
15 一念三千の表明
16 四句推検
17 四悉檀による説明
18 一即多・多即一・一多相対突破の世界観

原文
訓読

現在のカートの中

合計数量:0

商品金額:0円

カテゴリから探す

SSL GMOグローバルサインのサイトシール

当サイトでは、お客様が入力された個人情報を安全に送受信するために、SSL(Secure Socket Layer)を利用した暗号化通信を採用しています。